イスカル ホルダーブレード HFFR1404T30 ホルダー

イスカル ホルダーブレード HFFR140-4T30                                                                                                                             ホルダー

母はもう3年近く、 鼻からチューブ を入れ意識がないままに生きている。
80代前半からパーキンソン病にかかり家族が介護していたが、症状は日増しに重くなっていった。
それで市内の老人病院でお世話になることになったのだが、入院当初から食べられるのはトロミを付けた食べ物だけ。
ほどなくして流動食に変わり、誤嚥(ごえん)も頻繁になってきたので、人工栄養に切り替えられた。
切り替えは急だった。
ある日病院に行くと「 鼻からチューブ 」に代わっており、医師から「嚥下が難しくなったのでチューブで直接、胃に栄養を送ることにしました」と言われた。

父の病室。自分の唾液さえ飲み込めなくなって父は誤嚥性肺炎で苦しんだ

内心、『いきなりチューブなのか?』と思ったが、措置が終わっているのに「点滴ではいけませんか?」とは言えなかった。
その時点で母の認知能力はほとんど失われていた。
しかし体力は健在なようで以後、母は変調をきたすことなく生き続けている。
『母は死に時を失ってしまった・・・・』
人情のない言い方だが、わだかまった感情をほかに表現しようがない。

老化や障害によって人が食物を飲み込めなくなったとき、
▼そのまま自然に任せるか、
▼点滴によって栄養補給するか、
▼経管栄養法によって積極的に「 延命 」を図るか、3つの選択肢がある。
この病院に母を入院させるとき私は、「末期は自然に」とお願いしていた。
それが私の、その時の考え方だった。
そのことから言えば、母がいつの間にか 鼻からチューブ になったのは”思いがけない結果”だった。



2013年に3Dプリンティング特許が切れ、安価な家庭用プリンターが続々と登場しました。

ダ・ヴィンチ1.0Aは、豊富なカラーメントに、圧倒的な使いやすさで人気があります。

wifiが搭載されており、PCを繋がなくてもタブレッドなどから直接3Dプリントすることができます。

中国メイカーのMakibleの製品になります。

樹脂も圧倒的に安いです。ABSで気軽にメチャクチャ使いたい人は、

ボディが超透明なスケルトンなんですが、1万円高い機種にす ツヨロン TD柱上安全帯/TD27BP 送料無料
タイプも購入できます。

大手3Dプリンターメイカー「3DSystems」が出しているCubeシリーズ。

子どもでも使えるように、デザインや設計から超シンプルなです。

組み立て式で設定条件も色々ございますので、最低限の3Dプリンターの基礎知識が求められます。

外観がとてもお洒落で、個人的に好きなデザインになります。

大手3Dプリンターメイカー、ストラタシス社の人気機種。

FDM方式ならではの積層のズレが少なく、高いクオリティーが期待できます。

家庭用でも品質にこだわりたい方におすすめの商品になります。

外観からして、何かメイドインジャパンって感じがします。笑

プリンターに冷却ファンが搭載しており、造形物を瞬時に冷やし、造形物のクオリティー劣化を防ぎます。

上記で紹介した機種以外にもクラウドファンディング サラCAP(アンブラコ 規格8X30 入数200 皿CAP(アンブラコシリーズ 螺子ボルトキャップホーロー皿CAP(アンブラコ
3Dプリンター製品が登場しています。

▲超破格の3Dプリンター「The Micro」は2万円で購入可能

3Dプリンター技術の特許が切れ、様々な会社や個人が自分たちでプリンター開発を進めています。

今後、3Dプリンターの購入のハードルがドンドン下がっていくかもしれません。

 

[email protected]@!