力を効率的に伝える方法

椅子の高さを調節します

 

目安となる椅子の高さは計算式によって簡単に出すことができます。
人工竹垣 建仁寺垣A型セット 連結型H1800 片面仕様 基本型と組み合わせて延長できる部材
に簡単に計算できる計算機がありますので、是非入力してみてください。

足を床に着けます

 

身体を安定させるために足を床につけます。計算機で計算するとわかるのですが、通常の椅子より高めの値が出ると思います。
足をしっかりつけるために浅めに椅子に座ります。
また、浅めに座ることで身体の重心が前になり、力をコントロールしやすくなります。

背筋を伸ばします

 

背筋を伸ばすだけで、更に身体が安定し、効率的に力を伝えることができるようになります。
見た目もカッコよくなります。

 

逆に猫背にしてしまうと、背骨から力が逃げてしまうので注意してください。

 

肘から手首までをおおよそ水平にする

 

水平にすることで、腕の重さを効率よく鍵盤に伝えることができるようになります。(少し異なりますが公園のシーソーや天秤を想像していただくと良いかもしれません)

おおよそ水平というのは若干(1〜2cmぐらい)肘が高くなるように調整を行ってください。
肘が低くなってしまうと腕の重さが肘で逃げてしまい、かえって逆効果になってしまうためです。

 

手の形は パルフラットレール アルミAMW39型 UB 3660mm39型 10本入3,055円税抜納期:13日特別梱包手数料別途必要 36mm建具用かぶせタイプの2連アルミVレール。
ホルダー GIVR25322C 京セラ 溝入れ用ホルダで解説した手の形にして、鍵盤の上に手を置いてみてください。

画像では分かりやすく腕の下に線が引いてありますが、実際の腕は上側が直線になっているので、上側で確認するのが良いと思います。

スマホや鏡などで、確認しながら調整することをお勧めします。

腕が動かしやすい

鍵盤は88鍵だと123cm程ありますので、自由に腕が動かしやすいように、ピアノとの距離を椅子の前後で調節します。

個人差が大きいので明確な距離はありませんが、腕をクロスさせても肘があたらないように考慮すると、肘の角度は100度前後になると思います。

 

これは実際に試すのが、一番確実で正確です。

このときの手の形と手首の角度は、別の記事で解説していますので、ご興味のあるかたはこちらも合わせてご覧ください。

HS(TKS(ギザスクリュー 表面処理ニッケル鍍金(装飾 規格5X12 入数1000 HS(TKS(ギザスクリュ−シリーズ 螺子ボルトキャップホーローHS(TKS(ギザスクリュ−

パナソニック CFSZ6ED3QS LetsNote/SZ6 LetsNote SZシリーズ CFSZ6ED3QS

これで姿勢は出来ました。あとは演奏あるのみです。

楽譜の読み方は、こちらで解説しています。楽譜を読んだことのないかたやピアノ初心者のかたでも読めるように工夫しました。

10円募金晒竹両角垣枝下り高さ55x巾15尺 / 竹垣 袖垣 目隠し 垣根 袖垣 平垣 竹垣 駒寄
溝入れ用ホルダ GIVR25322C 京セラ ホルダー

それでは楽しいピアノライフを♪